ここから本文です

室谷二段が倉敷藤花戦挑戦権獲得 上田三段下す 11月8日に第1局

山陽新聞デジタル 9/28(水) 23:12配信

 女性将棋の公式タイトル戦「第24期大山名人杯倉敷藤花戦」(日本将棋連盟、倉敷市、同市文化振興財団、山陽新聞社主催)の挑戦者決定戦は28日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、後手の室谷由紀女流二段(23)が132手で上田初美女流三段(27)を下して挑戦権を得た。

 今期好調を維持している両者の対局は、角交換型の四間飛車から急戦を仕掛けた室谷二段に対し、居飛車の上田三段がしっかりとした駒組みで対応。序盤は苦しんだ室谷二段だったが、中盤の相手の疑問手を逃さず、敵陣への角打ちから優勢を強めた。

 室谷二段は「序盤は自分で苦しくしてしまったが、諦めずに指したことが良い結果につながった。大好きな倉敷で対局できるのはうれしい。盛り上げられるように良い将棋を指したい」と抱負を語った。

 室谷二段の倉敷藤花タイトル挑戦は初。通算7度目の栄冠を目指す里見香奈倉敷藤花(24)=女流名人、女流王位、女流王将=に挑む。

 タイトル戦3番勝負は11月8日に同会館で第1局、同19日に倉敷市芸文館で第2局があり、1勝1敗のタイの場合は20日に同館で第3局を行う。

最終更新:9/28(水) 23:12

山陽新聞デジタル