ここから本文です

【映像】「罠の勝ち」 おとり取材で辞任のアラダイス氏、心中語る

アフロ 9/28(水) 20:37配信

 イングランド・サッカー協会(FA)や国際サッカー連盟(FIFA)が禁じる、選手の第三者保有の解決策を英紙「テレグラフ」のおとり取材員に語ったことで、イングランド代表監督の座を辞任した、サム・アラダイス氏は27日、ボルトンの自宅前で取材に応じ、おとり取材について「罠の勝ち」と心中を語った。

 アラダイス氏は取材陣に、「思い返すと愚かな行為だった。30年来の知人を助けようとしていたのだが、残念なことに判断に誤りがあった。今回は罠の勝ちを認めざるを得ない」と悔しさを滲ませた。
 また、アラダイス氏は、「(FAと)辞任の合意は非常に友好的にされ、FAと関係者すべてに謝罪した。ガレス(サウスゲート)とイングランドの仲間のご多幸を祈る」と話した。

 最後のサッカーの仕事かとの質問にアラダイス氏は、「どうなるか分からない。様子をみて」とサッカー界から身を引く考えは示さなかった。

 イングランド代表監督就任67日での辞任劇。取材陣への対応を終えたアラダイス氏はこのあと、海外旅行へ出発した。

(イングランド、ボルトン 27日 映像:Press Association(PA)/アフロ)

最終更新:9/28(水) 20:49

アフロ

スポーツナビ サッカー情報