ここから本文です

奈良くるみ完敗 世界100位に敗れ、ベスト8進出ならず<女子テニス>

tennis365.net 9/28(水) 16:32配信

タシケント・オープン

女子テニスツアーのタシケント・オープン(ウズベキスタン/タシケント、ハード、WTAインターナショナル)は28日、シングルス2回戦が行われ、第5シードの奈良くるみ(日本)は世界ランク100位のKr・プリスコバ(チェコ共和国)に2-6, 2-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

2度目の対戦となったこの試合、奈良はトータルで1度もブレークチャンスを握れず、70パーセントの確率でファーストサービスを入れるもプリスコバに4度のブレークを許して1時間6分で敗れた。

今回の敗戦により、奈良はプリスコバとの対戦成績を1勝1敗とした。

世界ランク80位の奈良は、今季のグランドスラム4大会全て本戦に出場し、いずれも初戦突破。過去の同大会では2010年と2013年に出場するも1回戦で敗れていた。

また、その他の日本勢では桑田寛子(日本)が初戦敗退、第4シードの日比野菜緒(日本)と尾崎里紗(日本)は2回戦へ駒を進めている。

一方、勝利したプリスコバは準々決勝で第8シードのN・ブローディ(英国)とI・クロマチェワ(ロシア)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:9/28(水) 16:32

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]