ここから本文です

スペースXのマスク氏、火星コロニー構想を発表 「楽しい旅」に

AFPBB News 9/28(水) 9:45配信

(c)AFPBB News

【9月28日 AFP】米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)のイーロン・マスク(Elon Musk)最高経営責任者(CEO)は27日、火星に人類のためのコロニーを建設する構想を発表した。巨大ロケットと宇宙船団を使用して、火星上の自立したコロニーを今世紀中に実現することが目標という。

 メキシコ西部の都市グアダラハラ(Guadalajara)で開かれた国際宇宙会議(IAC)での講演でマスクCEOは、惑星間輸送システムに関する自身のアイデアを描いた未来的な映像を公開。この輸送システムは、再利用可能ロケット、火星上のロケット推進剤製造施設、惑星間軌道で1隻当たり約100人を輸送可能な宇宙船1000隻などで構築される。

 宇宙船は、レストラン、船室、無重力のゲームや映画館などを備えている。「それは楽しい、わくわくさせるものでなければならない。息苦しさや退屈を感じさせるものではいけない」とマスクCEOは話した。

 また、初飛行の費用は高額になると思われるが、「行きたいと思うほぼすべての人にとって手が届く費用にすること」が目標で、たとえ時間がかかったとしても、乗船料を10万ドル(約1000万円)にまで下げたいとの考えも明らかにした。

 数百万トンの貨物については、強力なロケットに搭載して打ち上げる必要があると想定されるため、「ファルコン9(Falcon 9)ブースターをスケールアップしたもの」を使うと説明。ファルコン9は、直立状態で着陸させることが可能な、スペースXの現行のロケットシステムだ。

 一方で、火星上に人類の文明を築く上での主な問題の一つは「コスト削減」と、数千人収容の会場に詰めかけた人々を前にマスクCEOは語った。そして、今後の目標については、「火星への輸送にかかる1トン当たりのコストを、500万分の1にまで改善すること」であるとしながら、「切符1枚の値段が100億ドル(約1兆円)もするならば、火星上に自立可能な文明など築けない」と力説した。

 スペースXは、同社の無人宇宙貨物船「ドラゴン(Dragon)」を、早ければ2018年に火星に送り込み、有人ミッションへの道を開く計画をすでに表明している。同社の有人ミッションは、2024年に地球を出発し、翌2025年に火星上に到着する予定という。(c)AFPBB News

最終更新:9/28(水) 16:13

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。