ここから本文です

VWの新型「ゴルフ8」に迫る!ディーゼル不正から1年、次世代「MEB」で新時代への幕開け

オートックワン 9/28(水) 21:13配信

アメリカでのディーゼル・ゲートから約1年が経ち、その後、フォルクスワーゲンはどう変わったのか?その真相を確かめに、本拠地のあるウォルフスブルクを訪ねた。

VW本社工場でVW 新型「ゴルフ8」へのヒント探し(画像32枚)

ハノーバーから約1時間ほどのドライブで、フォルクスワーゲンの本社工場に着く。戦後間もなくからの歴史を持つレンガ作りの工場と、そこからそびえ立つ4本の煙突が目印だ。

ワークショップの前夜、各国から集まったジャーナリストと忌憚のない意見を交わす。ディーゼル問題を受けて、ディーゼルだけではなく、電動パワートレインに関する動きも顕著だ。ヨーロッパでは次世代の排ガス規制の法制化が進み、EVやPHVの補助金が強化されている。この直前にもドイツの隣国であるオーストリアが電動パワートレインへの補助金制度を整えたばかりだという。

翌朝、伝統ある「ゴルフ」の生産ラインへと足を踏み込む。1950年代から外観は変わらないが、内部は最新の生産ラインへとリノベーションを繰り返して使われ続けている。“e-Mobility”と銘打って開催されたワークショップでは、PHVの「ゴルフGTE」やEVの「eゴルフ」といった電動パワートレインを積んだモデルの生産ライン見学に加え、パリモーターショー2016(通称:パリサロン)で発表予定の次世代プラットフォーム「MEB」を予見する内容にも触れられた。

1.5キロ平方メートルの広大な工場では、プレス、塗装、ファイナルアッセンブリーを一貫して行っており、「ゴルフ」系のモデルに加えて、「ティグアン」や「トゥーラン」を生産しており、1日に2200台もの新車が世に送り出される。1台のクルマが工場に入ってから出来上がるまでに約27時間、1分間に1台が作られる計算だ。

「ゴルフ」の生産ラインの特徴は、常に最新設備に刷新されている点だ。通常、自動車のアッセンブリーラインではベースの設備を活かして、設備投資は最小限に抑えることで、コストを下げるのだが、「ゴルフ」ベースモデルの累計生産台数を考えると、設備を一新するほどの大規模投資ができるのだろう。

ここでは、最新の生産管理システムであるインダストリアル4.0の導入はもちろん、デジタライゼーション、人間とロボットが共に働くことに配慮した新世代ロボット、そしてエンジン車に混じってeモビリティを生産する混走生産が可能だ。

実際に生産ラインを見学すると、エンジン車の「ゴルフ」の生産ラインの中に、8~10台に1台くらいの割合でPHVの「ゴルフGTE」やEVの「eゴルフ」が流れてくる。外から見るとイマイチ違いがわからないが、ボディの下からパワートレインを取り付ける“マリッジ”の工程では、オレンジの高圧ケーブルが組み込まれた電動パワートレインが取り付けられている。電気じかけの心臓部を組み込まれた「ゴルフ」は、その後も同じラインの中で完成されて、最後に検査を受けて世界中に出荷される。

ウォルフスブルクの工場で一日に生産される電動「ゴルフ」の台数は約80台。加えて、ヨーロッパにある他の2つの工場で「パサートGTE」や「eco Up!」といったeモビリティが生産されている。フォルクスワーゲンでは、2014年に初のEVとなる「eゴルフ」を発売して以降、10機種のEVやPHVを生産している。現在までに累計で6万台を販売し、2016年までに10万台以上への成長を目論む。ノルウェー、フランス、ドイツなどが現在の主要マーケットだ。

1/3ページ

最終更新:9/29(木) 9:48

オートックワン