ここから本文です

探査機ロゼッタ、彗星に着陸して最後のミッション。9月29日、降下開始

ギズモード・ジャパン 9/28(水) 21:10配信

終わりのときは、相棒・フィラエのそばに。

2014年11月、人類は初めて彗星に探査機を着陸させることに成功しました。着陸機のフィラエはその後すぐに交信を絶ってしまいましたが、相棒の探査機ロゼッタはその後約2年間、彗星の上空から数多くのデータを地球に送り続けてきました。でもそのミッションもついに最後の時を迎えようとしています。この9月末、ロゼッタは彗星に着陸し、その後最後のデータ収集に取りかかろうとしているんです。

最近、欧州宇宙機関(ESA)は、ロゼッタの着陸予定場所の画像を公開しました。それは、ふたつの岩を合体させたように見えるチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の、小さいほうの岩の先端近くです。その場所の名前は、無事の着陸を祈るためか、調和や秩序を司るエジプトの女神にちなんで「マアト(Ma'at)」と名付けられています。

マアトには石がゴロゴロ散らばった鳥肌のように見える部分と、真っ暗で深そうな穴があり、そこからは激しいガスやほこりが吹き出しているそうです。見るからに荒涼としていますが、だからこそ探査する価値があり、ここからチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の形成を理解するためのカギが見つかるかもしれません。

「マアトの穴は、壁の内側の構造が変わっています。壁の表面が、3mのボールをくっつけ合わせたみたいになっているんです」とロゼッタミッションの研究者、Laurence O'Rourkeさんが米Gizmodoに語っています。「我々はこれを、彗星が形成されたときの名残だと考えています」とのこと。

「ロゼッタにとっての重要な問いは、彗星がいかに彗星になるのかということです」と、ロゼッタプロジェクトのMatt Taylorさんも付け加えます。「小さな氷のかたまりがいかにしてより集まり、凝固し、まとまっていくのでしょうか? この「鳥肌」とも言われ、私は「トカゲの皮」のようだと思う場所の精細な画像を撮ることが、その答えを出すために役立つかもしれないんです。」

1/2ページ

最終更新:9/28(水) 21:10

ギズモード・ジャパン

なぜ今? 首相主導の働き方改革