ここから本文です

西岡良仁 ラッキールーザーに逆転許し初戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 9/28(水) 17:37配信

シンセン・オープン

男子テニスツアーのシンセン・オープン(中国/シンセン、ハード、ATP250)は28日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク97位の西岡良仁(日本)がラッキールーザーのT・ファビアーノ(イタリア)に6-3, 3-6, 4-6の逆転で敗れ、初戦敗退となった。

西岡ショック 試合着忘れる

当初、西岡は1回戦で第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する組み合わせだったが、ズベレフが直前で疲労により棄権し、ラッキールーザーで本戦入りとなったファビアーノと対戦することとなった。

この試合、西岡は2度のブレークに成功して第1セットを先取するが、続く第2セットを落とすとファビアーノに流れが傾き、ファイナルセットでは1度もブレークチャンスを握れずに1時間59分で敗れた。

現在21歳の西岡は、8月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で本戦入りとするも1回戦でK・アンダーソン(南アフリカ)にストレートで敗れ、2年連続の初戦突破とはならなかった。

しかし、国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対ウクライナ(日本/大阪、ハード)ではシングルスで2勝をあげ、日本のワールドグループ残留に貢献する活躍を見せていた。

一方、勝利したファビアーノは2回戦でT・ベルッチ(ブラジル)と対戦する。ベルッチは、1回戦でG・エリアス(ポルトガル)をストレートで下しての勝ち上がり。

また、今大会には主催者推薦枠で19歳のサンティラン晶(日本)も出場していたが、世界ランク77位のI・セルバンテス(スペイン)にストレートで敗れてツアー初勝利とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:9/28(水) 17:37

tennis365.net