ここから本文です

この景色はいったい...! 夜の海辺で幻想的に青く輝くのは...

ギズモード・ジャパン 9/28(水) 22:10配信

海辺で幻想的な光景を演出しているのは、小さな生き物です。

「The Weeping Stones」というタイトルがつけられた一連の画像は、青色発光ダイオード(LED)を使用した季節外れのクリスマスのイルミネーション...ではなく、生物発光の様子を捉えています。

いったい何の生き物だと思いますか?

ヒントは、撮影が行なわれたのは遠く離れた海の向こう...ではなく、日本の瀬戸内海。

瀬戸内海に生息する、青く光る小さな生き物といえば......正解は、海ほたるです。

撮影は、日本に拠点を置く会社「Tdub Photo」のTrevor Williamsさん、Jonathan Galioneさんによって行なわれました。

ウェブサイト上で明かされている撮影秘話によると、約3mmという小ささの海ほたるを撮影するのは、簡単ではなかったようです。

”浅い水辺の砂のなかに棲む海ほたるは、岸辺で波に打ち寄せられている場面に遭遇できることはしばしばある。でも今回の撮影のように、多くの海ほたるを写真に収めるには捕まえなくちゃならなかったよ。”

彼らの話によると、捕獲に使われたのは瓶やロープ、そして生のベーコン。瓶を水中に入れて1時間ほど待つと、ベーコンの匂いに誘われた海ほたるが寄って来たのだとか。そうして岩場に放たれた海ほたるが青く光り続けるのは20~30分ほどで、水をかけると再び輝き始めたそうです。

「Tdub Photo」による写真は、彼らのウェブサイト、インスタグラム、フェイスブックページでも公開されています。

image by Tdub Photo

source: PetaPixel

Carli Velocci - Gizmodo US [原文]

(Rina Fukazu)

最終更新:9/28(水) 22:10

ギズモード・ジャパン

なぜ今? 首相主導の働き方改革