ここから本文です

福岡で突風被害が相次ぐ 竜巻注意情報発表

ウェザーマップ 2016/9/28(水) 22:07配信

 福岡管区気象台は28日、福岡県筑後市で竜巻などの激しい突風による被害の情報が入ったとして、午後9時55分に福岡県に竜巻注意情報を発表した。小屋の倒壊が発生しているという情報が、消防を通して気象台にあったという。福岡県では、八女市で突風による被害が複数発生したとして、午後8時39分にも同情報が発表されていた。

 福岡県では、秋雨前線や湿った空気の影響で、発達した雨雲が発生しやすい状況が続いている。
 九州北部では、大気の状態が不安定になっており、竜巻などの激しい突風が発生するおそれがある。そのため、雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努める必要がある。また、落雷、ひょう、急な強い雨にも注意が必要だ。

最終更新:2016/9/28(水) 22:40

ウェザーマップ