ここから本文です

中西圭三「華やかでタイムレス」ベスト収録曲決定、Choo Choo TRAINも25周年

MusicVoice 9/28(水) 19:58配信

 中西圭三が9月7日にリリースする、デビュー25周年記念ベストアルバム『All Time Best~KEIZO's 25th Anniversary』のジャケットと全収録曲が発表された。レーベルの枠を超えたこのアルバムは、中西の25年に渡る幅広いキャリアを網羅するオールタイム・ベストとなる。本人は「中西圭三ワールドはなかなか華やかでタイムレス、そして思いのほか効きますぞ」とコメントしている。

 90年代初頭にリリースしたアルバム『yell』(1992年)、『Steps』(1993年)、『Starting Over』(1994年)」が3作連続オリコン1位を記録した中西圭三。キャリア初となるこのアルバムに収録されるのは、全30曲。その内シングルからは16曲。CMやTVのタイアップとなった曲も多数だ。

 グラミー賞受賞の海外アーティストとのコラボ曲や、坂本九の「明日があるさ」、山口百恵の「さよならの向う側」のカバー、劇団ひとりが「心の支え」と公言している「ぼよよん行進曲」のセルフカバーも収録される。さらに「Goods for you.」をはじめとした新曲4曲も含む大ボリュームの内容となっている。

 また、中西は他アーティストへの楽曲提供でもヒット曲を生み出した。彼にとっての最大のヒット曲といえば、ZOOに提供した「Choo Choo TRAIN」(1991年)とブラックビスケッツに提供した「Timing」(1998年)。今回のベストアルバムでは、この2曲のセルフカバーも収録されることとなる。

 特に世代を超えて愛されるヒット曲「Choo Choo TRAIN」は中西圭三と同様、発表から今年で25周年を迎える。

 中西圭三は「デビューから、25年の間に生まれた数々の作品をメーカーの壁を超えてコンピレーションすることができました。その変遷を一気に感じてみて下さい。中西圭三ワールドはなかなか華やかでタイムレス、そして思いのほか効きますぞ」とコメントしている。

最終更新:9/28(水) 19:58

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]