ここから本文です

日比野が尾崎との94年組対決を制して8強 [タシケント/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/28(水) 18:42配信

「タシケント・オープン」(WTAインターナショナル/ウズベキスタン・タシケント/9月26日~10月1日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、昨年の優勝者で第4シードの日比野菜緒(LuLuLun)が尾崎里紗(江崎グリコ)との日本人対決を7-5 6-1で制してベスト8進出を決めた。試合時間は1時間39分。

奈良くるみはクリスティーナ・プリスコバに敗れて8強入りならず [タシケント・オープン]

 ともに1994年生まれの尾崎と日比野。国際大会では昨年2月にアカプルコ(WTAインターナショナル/ハードコート)の予選で初対戦しており、尾崎が7-6(4) 7-5で勝っていた。

 今大会には昨年に続いての出場となる日比野。昨年は決勝でドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-2 6-2を破り、WTAツアー初優勝を果たしていた。本戦初日に行われた1回戦では、ワイルドカード(主催者推薦枠)のコモラ・ウマロバ(ウズベキスタン)を6-3 6-1で破っていた。

 日比野は準々決勝で、第6シードのレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)と対戦する。ツレンコは2回戦で、予選勝者のイペク・ソイル(トルコ)を6-1 3-6 6-1で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/28(水) 18:42

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革