ここから本文です

移民に立ちはだかる言語の壁、仏カレーのジャングル

AFPBB News 9/28(水) 15:44配信

(c)AFPBB News

【9月28日 AFP】フランス北部カレー(Calais)郊外にある大規模な移民キャンプ、通称「ジャングル(Jungle)」のほこりっぽい路上からさまざまな言語が入り交じった声が聞こえてくる。ダリー語(アフガニスタンの公用語の一つ)、アムハラ語(エチオピアの公用語)、アラビア語が少しで、大量に聞こえてくるのはパンジャブ語(パキスタン東部の言語)、パシュトー語(アフガニスタンの公用語の一つ)、クルド語だ。しかしこの「ジャングル」で暮らす7000~1万人の中からフランス語が聞こえてくることはめったにない。22日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9/28(水) 16:12

AFPBB News