ここから本文です

“新制新潟”でコーチ就任の内田潤氏「外から見て感じたことを伝える」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/28(水) 17:20配信

現役時代は鹿島や新潟で活躍

アルビレックス新潟のコーチに就任した内田潤氏が意気込みを語った。

2013年シーズンを最後に新潟で現役引退を決断した内田氏は、翌年からアルビレックス新潟サッカースクールのコーチに就任する。今年もサッカースクールのコーチとして活躍してい内田氏だが、新潟は27日、トップチームのコーチを務めていた片桐コーチが監督に就任することを発表。また、北嶋秀朗コーチ、安田好隆コーチも退任し、内田氏がトップチームのコーチに昇格することが発表された。

コーチ就任に際し、内田氏はクラブ公式サイトを通じて「監督を引き受けられた片渕さん、クラブを助けたいという思いがあり、時間がない中ですが決断をしました」とコメント。「すべてをクラブのために尽くしたいと思いますし、客観的に外から見て感じたことを伝えられればと思います」と新たな挑戦への意気込みを語っている。

新体制となった新潟は次節、10月1日に敵地でジュビロ磐田と対戦。片渕新監督、そして内田新コーチの下で勝利を収めることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/28(水) 17:20

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]