ここから本文です

「ヴェンゲルだってたまにはミスするし、間違うこともある」 ファンに理解求めるアーセナルOB

theWORLD(ザ・ワールド) 9/28(水) 22:30配信

後任探しは困難か

かつてアーセナルでティエリ・アンリやパトリック・ヴィエラらと共に無敗優勝を成し遂げた元ブラジル代表のジウベウト・シウバ氏が、アーセン・ヴェンゲル監督の功績を称えている。

彼にとってのヴェンゲルは、いまだに“ミラクルを起こした男”なのかもしれない。2003-04シーズンに一度たりとも黒星を付けずにプレミアリーグを制した経験を持つシウバ氏は、解任を求める一部ファンの考えが理解できないようで、その一因として適切な後任を見つける事の難しさを挙げている。英『Daily EXPRESS』が同氏のコメントを伝えた。

「指揮官としてひとつのクラブを20年にわたって指揮し続けている人間を我々は祝福しなければならない。彼はその斬新なアイディアによってアーセナルに革命をもたらした。将来性溢れる選手を育てているし、なによりも全員が要求する結果を出している。これは容易なことじゃない。ヴェンゲルだってたまにはミスするし、間違うこともある。多くの批判を浴びているが、サポーターはクラブ全体の功績をしっかりと見なければならない。彼は驚異的なことをやってのけた。もちろん彼もいつかチームを去る時が来るだろうけど、その後釜を見つけるのはとても難しいよ。マンチェスター・ユナイテッドもファーガソンの後任を探すのに苦労したからね」

サポーターの反発がある一方で、ヴェンゲル政権下のアーセナルは毎年のように欧州チャンピオンズリーグへの皆勤を続けている。プレミアリーグバブルが勃発し、熾烈な競争が繰り広げられている中でのこの戦績は評価すべきものなのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/28(水) 22:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革