ここから本文です

【ビルボード】追悼チャートの様相続く 冨田勲が3枚同時、中村紘子が2枚同時のチャートイン

Billboard Japan 9/28(水) 14:05配信

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、冨田勲の1991年リリースのアルバム『宇宙幻想』が第7位、同じく91年リリースの『展覧会の絵』が11位、『火の鳥』が19位と、3枚同時にチャートインとなった。冨田勲の追悼チャートインの様相は、5月以降長く続いており、直近の2週も2枚同時チャートインが連続していた。メディアでの追悼特集も続いており、9月もTBSラジオ『今晩は吉永小百合です』で取り上げられるなどした。

 また、7月に亡くなった中村紘子のアルバムも2枚同時チャートイン。4位に『雨だれのプレリュード~ショパン名曲集』、9位に『チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』という結果となった。7月末から追悼特集が続いており、9月12日にお別れの会がサントリーホールにより執り行われた。

 その他、第1位は『0歳からの育脳クラシック』で225回目のチャートインを記録した。2位はシモーネ・ヤング指揮、ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の『ブルックナー:交響曲全集』、3位は藤澤ノリマサ『MESSAGE』が5回目のチャートインとなった。Text by yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位『0歳からの育脳クラシック』
2位『ブルックナー:交響曲全集』シモーネ・ヤング,ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団
3位『MESSAGE』藤澤ノリマサ
4位『雨だれのプレリュード~ショパン名曲集』中村紘子
5位『アンコール』ヨーヨー・マ
6位『永遠のショパン』仲道郁代
7位『宇宙幻想』冨田勲
8位『世界の歌』東儀秀樹
9位『チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』中村紘子
10位『ワンダーランド』アリス=紗良・オット

最終更新:9/28(水) 14:05

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]