ここから本文です

SUEMITSU & THE SUEMITH 新AL『Bagatelle』大橋トリオ/tofubeats/橋本絵莉子/細美武士ら豪華メンバー参加

Billboard Japan 9/28(水) 18:00配信

 末光篤のユニット・SUEMITSU & THE SUEMITHが、2016年10月12日に8年半ぶりのアルバム『Bagatelle』をリリースする。その制作に、大江千里、大橋トリオ、柏倉隆史(toe/the HIATUS)、少女隊、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)、tofubeats、橋本絵莉子(チャットモンチー)、細美武士(the HIATUS/MONOEYES)、ミト(クラムボン)の9名が参加することとなった。

 1曲目「Invention feat. 大橋トリオ」(http://y2u.be/wS8evw4_TBc)では、大橋トリオが全面的にヴォーカルを取り、3曲目の「Pinocchio」では、末光篤の憧れの存在でもある大江千里が作詞を担当し、楽曲のアレンジ、ヴォーカル・エディットをtofubeatsにお願いするという、今までのSUEMITSU & THE SUEMITHにはなかったアプローチで楽曲が制作された。なお、ボーナス・トラックには、大江千里の「Glory Days」のカバーも収録されている。

 4曲目「Shooting Star We Are feat. 少女隊」では、音楽的にも影響を受け、今回のワンマンライブにも参加が決定した80'Sアイドル・少女隊を迎えての見事なPOPソングを制作。5曲目「幻想ノ即興曲 feat. 橋本絵莉子」では、チャットモンチーとはひと味違ったしっとりしたアプローチで、橋本絵莉子をへのリスペクトを表した楽曲が出来上がった。

 そして既にミュージックビデオが公開されている8曲目「Appassionata feat. 細美武士」(http://y2u.be/IJbHQaSKahY)は、6分を超える大作で、細美武士のメインヴォーカルと末光篤のコーラスが掛け合いと、ラストにかけてのギターソロが壮大な雰囲気を醸し出す。

 これら楽曲陣の基礎をささえるのが、SUEMITSU & THE SUEMITHの作品ではおなじみのプレイヤー、ベースのミト、ドラムの柏倉隆史、ギターの鈴木俊介に加え、今作はUNISON田淵智也もベースとして参加し、アルバムに華を添えている。



◎4thアルバム『Bagatelle』
2016/10/12 RELEASE
[CD+DVD]CTCR-14908/B / 3,800円+税
[CD]CTCR-14909 / 3,000円+税
レーベル:cutting edge(エイベックス)
<CD>
M.01 Invention feat. 大橋トリオ(http://y2u.be/wS8evw4_TBc)
M.02 未完成(http://y2u.be/2qlG24ga_I4)
M.03 Pinocchio(http://y2u.be/w9E1bX6-xbU)
M.04 Shooting Star We Are feat. 少女隊
M.05 幻想ノ即興曲 feat. 橋本絵莉子
M.06 Y.A.N.O.
M.07 水玉賛歌
M.08 言葉
M.09 Appassionata feat. 細美武士(http://y2u.be/IJbHQaSKahY)
M.10 Rock Black
M.11 Miss Lily Blossom
M.12 Summertime ‘83
M.13 This Merry-Go-Round Song
<Bonus Track>
M.14 Glory Days
M.15 Venus feat. Kentaro Takizawa

最終更新:9/28(水) 18:00

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]