ここから本文です

ニュルを戦ったC-HRの市販モデル、日本仕様の詳細公開

オートスポーツweb 9/28(水) 19:23配信

 トヨタは28日、新型クロスオーバー『C-HR』日本仕様の概要を公開した。全4グレードが設定され、2016年末に全国で発売される。また、11月上旬からはウェブ上で先行商談も受付する。

 C-HRは伸長するSUV市場に投入されるトヨタの新たなSUV。2014年のパリモーターショーでコンセプトカーが発表され、日本では昨年の第44回東京モーターショーで初お披露目された。

 このC-HRのコンセプトモデルはTOYOTA GAZOO Racingの手により5月末に開催されたニュルブルクリンク24時間耐久レースのSP2Tクラスに挑戦。総合84位/クラス3位という結果を残している。

 デザインコンセプトは「センシュアル スピード-クロス」とされ、スピード感あふれるボディでたくましい足回りが表現されたほか、質感や形状、色などの細部までこだわり、感性に響く意匠が追求されたという。

 エクステリアでは、キャビンとドアサイドを一体化し、ボディ下部を削ぎ落としたダイヤモンド形状を採用。リヤのドアハンドルをボディに一体化させるデザインを採用したことで、2ドアクーペのような印象を受ける仕上がりになっている。

 気になる走りは、フロントに新開発のマクファーソンストラットサスペンション、リヤにダブルウイッシュボーンサスペンションを取り入れたほか、大径スタビライザーの採用などにより、優れた乗り心地と操縦安定性を実現。最小回転半径は5.2メートルと、ハッチバック並みの数値だ。

 シンプルで選びやすいよう、グレード体系は装備が充実された『G』、『G-T』と標準の『S』、『S-T』の4タイプ。また、衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense P』を全車に標準装備している。

 カラーリングは新規に開発されたラディアントグリーンメタリックとメタルストリームメタリックを含む全8色。内装色はブラックとリコリスブラウンの2色が用意された。

 上述の通り、発売は年内。全国のトヨタ店トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて販売される。残念ながら価格は発表されていないものの、11月には先行商談の予約も始まるので、気になる方は要チェックだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/28(水) 19:24

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]