ここから本文です

踏切事故防止を JR西日本が呼び掛け

北日本新聞 9/28(水) 12:41配信

 秋の全国交通安全運動に合わせ、JR西日本北陸広域鉄道部は28日、富山市婦中町速星の高山線速星踏切で啓発活動を行い、ドライバーや歩行者に踏切での事故防止を呼び掛けた。

 車が遮断機に接触し、棒を折る事故の多い踏切を中心に活動している。今回は同部と富山新幹線電気区、県警鉄道警察隊から14人が参加した。社員は、踏切のルールに関するチラシやクリアファイル、ポケットティッシュを配った。

北日本新聞社

最終更新:10/14(金) 15:18

北日本新聞