ここから本文です

<高江ヘリパッド>沖縄県警、警備費用8月までに1千万円

沖縄タイムス 9/28(水) 8:55配信

 米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事に伴う警備で、県警の費用負担額が8月末現在、車両の燃料費約950万円と修繕費約47万円の計約1千万円に上ることが27日、分かった。池田克史県警本部長が県議会9月定例会の代表質問で明らかにした。

 池田本部長は、燃料代などは県費で執行後、半額が国庫補助の対象になるとし、沖縄自動車道の通行料金は、NEXCO西日本との協定で無料とされていると説明。警察官の派遣に伴う経費負担は、沖縄サミットなどの大規模警備や東日本大震災などの災害派遣と同じ対応とした。

 8月20日に東村の高江橋で地元紙記者が取材規制されたことに関し、池田本部長は「記者の取材を規制するつもりは毛頭ない」と答弁。記者が腕章を着けていなかったことなどから、現場の警察官が抗議参加者と区別できなかったとした。比嘉京子氏(社民・社大・結)と又吉清義氏(自民)への答弁。

最終更新:9/28(水) 8:55

沖縄タイムス