ここから本文です

レプトスピラ症が沖縄で過去最多 川遊びの児童ら11人集団感染

沖縄タイムス 9/28(水) 17:15配信

 沖縄県健康長寿課は28日、河川でのレジャーなどが原因で感染したとみられるレプトスピラ症患者の集団発生があったと発表した。8月6、7日に国頭村の奥間川で遊んだ小中学生10人と30代女性の計11人が、8~12日後に発熱や筋肉痛、結膜充血などを発症し、レプトスピラ症と診断された。

 今年に入り沖縄県内の患者報告数はこれまでに30例に上り、9月時点で統計のある2003年以降、最多の年間報告数となった。これまで最も多かったのは08年と14年の年間28例。

 推定感染源は沖縄本島北部地域で21例、西表島で8例、石垣島で1例。同課によると、国内の感染源の多くが県内に集中している。原因菌はネズミやマングースなど野生生物の体内に潜み、尿によって土壌や河川を汚染する。

 県は河川での遊泳やネズミなどに接触した後、3~14日以内に頭痛や発熱などの症状が出た場合は医療機関を受診し、河川で泳いだことなどを医師に伝えるよう呼び掛けている。

最終更新:9/29(木) 11:25

沖縄タイムス