ここから本文です

マリナーズ、痛すぎる逆転負け 青木は2出塁&1打点、活躍実らず

ベースボールキング 9/28(水) 12:53配信

○ アストロズ 8 - 4 マリナーズ ●
<現地時間9月27日 ミニッツメイド・パーク>

 マリナーズの青木宣親が27日(日本時間28日)、敵地でのアストロズ戦に「1番・左翼」で先発出場。2回に適時二塁打を放つなど2出塁1打点と活躍したが、チームはエース右腕・ヘルナンデスが踏ん張れず痛恨の逆転負けを喫した。

 青木は1点を追う2回、一死一、二塁の好機で第2打席へ入った。相手の先発右腕・ファイアーズの2球目を捉えると、打球は右翼手の頭上を越える同点二塁打に。マリナーズは続くスミスも犠牲フライを放ち3-2と逆転した。

 3回にも1点を追加したマリナーズだったが、この日は先発のヘルナンデスが誤算。2点リードの6回に同点に追いつかれると、さらに二死一、二塁から、打ち取った一ゴロを一塁手・リンドが痛恨の失策。二死満塁と好機を広げられると、1番スプリンガー、2番ゴンザレスに連続2点適時打を浴びた。

 結局ヘルナンデスは6回途中8失点(自責点4)でノックアウト。エースが踏ん張れなかったマリナーズは、これでワイルドカード争いで4位に後退。勝てば同圏内に1ゲーム差へ迫れる試合だっただけに、痛すぎる星を落とした。

 青木は7回に四球を選び、この試合は3打数1安打で1四球1打点の働き。9回の最終打席では代打を送られ、打率は.274となった。

BASEBALL KING

最終更新:9/28(水) 13:28

ベースボールキング