ここから本文です

「おとなの白浜さんぽ」発行

紀伊民報 9/28(水) 17:01配信

 和歌山県と県観光連盟は、白浜温泉街(白浜町)などを観光客に周遊してもらうための冊子「おとなの白浜さんぽ2016」(B5サイズ、32ページ)を作った。11のプランを紹介している。

 昨年秋に作ったものから一部を見直した。30~40代の女性をメインターゲットとし、「撮る絶景散歩」や「知的な散歩」「キレイになる散歩」といったコースを写真や地図付きで紹介。温泉街だけでなく日置川や椿地区、百間山渓谷(田辺市)のコースも掲載している。冊子を持参すれば手ぬぐいや銘菓がもらえる施設、店舗もある。

 県観光振興課は「白浜は海水浴やパンダのイメージが強いが、同様に魅力ある温泉をメインに散策を楽しんでもらえればいい」と話している。

 冊子は7万部を用意。10月~来年3月をキャンペーン期間としている。冊子は近畿地方の高速道路サービスエリアや道の駅、空港に置く。

最終更新:9/28(水) 17:01

紀伊民報