ここから本文です

羽田便利用、2000万人 日本航空、今年度中に到達見通し

北國新聞社 9/28(水) 4:12配信

 日本航空の小松―羽田便の累計利用者数が、今年度中に2千万人を超える見通しになった。羽田便は1986(昭和61)年10月1日に就航しており、ちょうど30年での大台到達となる。

 羽田便は1日2往復で就航し、2003年から現在の1日6往復体制となっている。

 今年10月1日に、小松空港で就航30周年を記念したイベントを開催する。午前11時25分小松発の便の利用客向けで、地上スタッフが86~04年、04~13年当時の制服を着用して接客するほか、利用客全員に「搭乗証明書」を贈る。

北國新聞社

最終更新:9/28(水) 4:32

北國新聞社