ここから本文です

公式戦3連続ドローのレアル、C・ロナと指揮官に軋轢か ジダン監督は否定

SOCCER KING 9/28(水) 12:26配信

 レアル・マドリードを率いるジヌディーヌ・ジダン監督が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの軋轢を否定した。イギリス紙『エクスプレス』が27日付で伝えている。

 リーガ・エスパニョーラのビジャレアル戦、ラス・パルマス戦に引き続いて、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のドルトムント戦を2-2で引き分けたことで、公式戦3連続ドローとなったレアル・マドリード。ケガから復帰したC・ロナウドが、ラス・パルマス戦の72分に途中交代を命じられた際にピッチ上で不満を爆発させた一幕もあり、チーム内の軋轢が指摘されている。

 またイタリア紙『トゥットスポルト』は、C・ロナウドがレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長に対し、「(チームは)あまり良い状態でない」という内容のメールを送り、ジダン監督の方針を批判したと報じていた。

 C・ロナウドとの軋轢を指摘されたジダン監督は「注目を集めていることはわかっている。見た通りだよ。私は選手にとってベストとなる決断をしただけで、それだけだ。私たちは途中交代について話し合ったよ。私は馬鹿じゃないし、彼は賢い選手だ。私たちは同じ目標を共有している。他のみんなともね」と語り、チーム内の軋轢を否定している。

SOCCER KING

最終更新:9/28(水) 15:47

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合