ここから本文です

バルサでの決意を語るシレッセン「人生を楽しむために来たわけじゃない」

SOCCER KING 9/28(水) 17:58配信

 今シーズン開幕直後にアヤックスからバルセロナに移籍したオランダ代表GKヤスパー・シレッセンが、新天地での決意を改めて表明した。

 マンチェスター・Cに移籍したチリ代表GKクラウディオ・ブラボの代わりとしてバルセロナに加入したシレッセンだが、今シーズンから正守護神に昇格したドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの控えという当初からの予想を覆せていない。

 だが、自身のツイッターにビデオメッセージを掲載したシレッセンは、苦しい状況に耐えながらもレギュラーを目指して努力することを明言した。

「できる限り多くの試合でプレーし、多くのタイトルを獲得したい。これはアヤックスでも常に目指して来たことだ。自分は誰よりも先に練習場に足を踏み入れたい類の選手だ。僕がここに来たのはサッカーをするためであり、人生を楽しむためではない」

 シレッセンはその一方で、リーガ・エスパニョーラおよびチャンピオンズリーグ(CL)ではテア・シュテーゲンにスタメンを譲っている現状を理解しているようで、自身がゴールマウスを守ると見られているコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)への意欲を静かに見せた。

「リーガとCLを制覇できれば、素晴らしい成功に満ちたシーズンになったと言うことができるだろう。その一方で、個人的にはコパの優勝も同様の価値があると思っている」

SOCCER KING

最終更新:9/28(水) 17:58

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報