ここから本文です

[プレミアリーグEAST]大宮ユースは2年生FW奥抜が決勝点「仕掛けて得点を決められるような選手に」

ゲキサカ 9/28(水) 0:03配信

[9.25 高円宮杯プレミアリーグEAST第14節 大宮ユース 3-2 清水ユース NTT東日本志木総合G]

 大宮アルディージャユースの決勝点は2年生FW奥抜侃志が決めた。2-1の後半15分、奥抜はMF山田陸がダイレクトで出したスルーパスで抜け出すと、飛び出してきたGKをかわして右足でゴール。プレミアリーグでは第8節の清水ユース戦以来となるゴールが決勝点となった。

 そのスピード、タイミング良くDFを外してボールを受ける動きなど対戦相手の指揮官たちからの評価も高い。この日も「ボクが落ちてCBが食いついてきたらその裏に(小柏)剛くんが裏を狙うことを意識していました」という動きでチャンスメーク。この日5試合連発を記録した小柏との連係して相手を崩し、またボールを受けて前を向いた際には持ち味でもあるスピードに乗ったドリブルで局面を個で打開していた。

 そしてゴールも決めて勝利に貢献。だが、「前半は結構自分の体力的にも余裕があって、行けるところで行けたりしたんですけど、後半になって体力落ちていけなくなったりパス選択してしまったりしていた」。課題は体力面でまだ3年生たちに対する遠慮もあって柱になり切ることができていない。

 大塚真司監督は「なかなか決めきるところまで彼は行けていなかった。ドリブルもできる、関われる。でも最後にネット揺らせる選手にならないといけないと話をしたり。あとはチームにより貢献する。もっとネットを揺らすこと」。指揮官との対話、またゴールから離れていたこともあって奥抜は全体練習後にはシュート練習も重ねてきた。体力面、守備面の改善はもちろんだが、「自分的にはバイタルエリアで仕掛けて得点を決められるような選手になりたい」という目標がある。期待の2年生FWはこの日の決勝ゴールを弾みに「ネットを揺らす」選手、チームを勝たせる存在になる。

最終更新:9/28(水) 0:03

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報