ここから本文です

18年間過ごした古巣との“スペシャル”な一戦に臨むバルサGKテア・シュテーゲン

ゲキサカ 2016/9/28(水) 8:51配信

 28日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第2節でバルセロナ(スペイン)はボルシアMG(ドイツ)とアウェーで対戦する。4歳からボルシアMGの下部組織で育ったGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンにとって特別な一戦となる。

 09-10シーズンにボルシアMGのトップチームに昇格したテア・シュテーゲンは4シーズンを過ごし、11-12シーズンからは3年連続で全試合出場を果たした。そして、14-15シーズンにバルセロナへと移籍した。

 クラブ公式ウェブサイトによると、テア・シュテーゲンは「ボルシアのスタジアムに戻るのは、とてもスペシャルなことだよ。18年間過ごせたのは幸せだったし、皆は僕と同じように、僕が帰ってきたことを幸せに思ってくれるはずだ」と語っている。

 しかし、現在はバルセロナの一員であることを強調。「人生のほとんどを過ごしたクラブを離れるとき、それはタイトルが取れるところに行くからであり、それがバルサだ。僕は今、2年間素晴らしい時間を過ごしているし、クラブが僕に与えてくれた分を最大限で返したい」。

最終更新:2016/9/28(水) 9:57

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!