ここから本文です

【日本ハムV】胴上げ投手・大谷「淡々と冷静にいけた」

東スポWeb 9/29(木) 0:12配信

 優勝の瞬間、日本ハム・大谷翔平(22)は笑っていた。最後の打者・外崎の打球が左翼・西川のグラブに収まると両手を高々と上げてガッツポーズ! 言葉にならない雄たけびを上げてリーグ制覇の喜びを表現した。

 投手で10勝、防御率1・86、打者で打率3割2分2厘、22本塁打、67打点は前例のない異次元の活躍。MVPは当確といっていい。

 大谷は「こみ上げてくるものもありましたけど、ソフトバンク戦と違って淡々と冷静にいけた感じ」と野球人生初となる胴上げ投手の瞬間を振り返った。

 大一番で冷静な投球ができた理由については「昨日で決まらなかったのもそうですし、自分の番で回ってくるというのもなかなかあることじゃない。相手が雄星さんが先発というのも、僕的には特別な感覚で投げるので、勝つには最高のシチュエーションで回ってきたなという思いでマウンドに行きました。僕の中では楽しく投げられました」。

 1安打、15奪三振で完封勝利を挙げた投球については「真っすぐとスライダーがすごくよかった。初回の入りを見てもそうですけど、相手が追い込まれるのを相当に嫌がっている印象を持ちました。だから、追い込んだら勝ちだなと思ったので、2つで十分かなと思った」と話した。

最終更新:9/29(木) 7:38

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。