ここから本文です

【日本ハムV】ビールかけ一番のターゲットは大谷

東スポWeb 9/29(木) 1:01配信

 4年ぶり7度目(前身の東映時代を含む)の優勝を決めた日本ハムが28日、東京都内のホテルで祝勝会を行った。

 選手会長の大野奨太捕手(29)があいさつに立つが、フライングしようとする選手が続出。大野は「まだですよ、まだです」と必死で制止。その後「最高のチームです。クライマックス、日本シリーズあります。でもそんなの忘れて今日は楽しみますよ。今夜は! なまら(とても)最高だーー!」の音頭でビールかけがスタートした。

 一番のターゲットとなったのはこの日の西武戦(西武プリンス)に先発し、1安打完封でチームを勝利に導いた大谷翔平投手(22)だ。本拠地・北海道のテレビ局をはじめ、立て続けにインタビュー。その最中に首脳陣、先輩選手からビールをかけられびしょ濡れだった。

 瓶ビール3000本、缶ビール240本、水のペットボトル120本が用意され、意外と長い25分をかけて泡となった。

 最後のあいさつは宮西尚生投手(31)が担当し「次の目標に向かってがんば!」と締めた。

最終更新:9/29(木) 7:37

東スポWeb