ここから本文です

オンラインWeb制作ツール「BiNDクラウド」にCMS機能追加、ページの自動構築やスマホ投稿に対応

Web担当者Forum 9/29(木) 7:06配信

ソフトウェア開発・販売のデジタルステージは、同社が提供するオンラインWeb制作サービス「BiNDクラウド(バインド・クラウド)」にCMS機能を追加するアップグレードを9月27日に行った。

BiNDクラウドは、HTMLやCSSの知識がなくてもWebサイトを制作できるオンラインサービス。今回のアップグレードでは、CMSとしてブログ機能「BiND Press」が追加された。

同機能の追加により、BiNDで作ったサイトの一部やすべてをブログ化できるようになる。具体的には、投稿した記事タイトルが自動で表示される新着情報や、記事リストをタイル状に並べる人気のレイアウトを利用できる。記事を投稿するだけでページが自動生成され、更新作業の負荷を軽減する。

また、BiND Pressを追加したことにより、スマートフォンからの投稿にも対応。オウンドメディアなどで情報をアクティブに発信できるようになった。

同サービスにはエントリーコース(初年度無料・2年目以降480円/月)、プロコース(2,980円/月)、ビジネスコース(9,800円/月)の3つのコースが用意されているが、プロコース以上はオフライン環境で利用できるBiNDクライアントが提供され、環境に左右されずにWeb制作作業を行える。クライアントソフトウェアはWindowsとMacの両方に対応(Windows 7 SP1以上/OS X 10.9.5以上)。

最終更新:9/29(木) 7:06

Web担当者Forum