ここから本文です

台風18号、沖縄の東で北上の見込み 台湾に影響の可能性低く

中央社フォーカス台湾 9/29(木) 13:10配信

(台北 29日 中央社)中央気象局は29日、軽度台風(台湾基準)台風18号は沖縄の東で進路を北向きに変える見込みで、台湾に襲来する可能性は低くなったと明らかにした。

気象局によると、台風18号は29日午前8時現在、台湾最南端、鵝鑾鼻(ガランピ)の東南東約2500キロの海上にあって、時速17キロで西北西に進んでいる。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル。

台風は日本に向かうとみられているが、今後変化する可能性もあるため、気象局は引き続き注意を払っていくとしている。

(汪淑芬/編集:名切千絵)

最終更新:9/29(木) 13:10

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。