ここから本文です

【J-NETWORK】美しき女王、戦う女社長がタイトルマッチ

イーファイト 9/29(木) 15:06配信

 12月25日(日)東京・新宿FACEで開催される年末の恒例イベント『J-NEXUS 2016~DAY~』の対戦カードが発表された。

【フォト】計量をパスして笑顔の美しき女王・陣内

 J-GIRLSバンタム級王者・陣内まどか(エスジム)が、挑戦者に同級1位Crusher松川敬子(村澤道場)を迎え2度目の防衛戦を行う。

 陣内はジュニアで数々のタイトルを獲得し、中学卒業と共にプロデビュー。得意の右ミドルキックを武器に、10代でJ-GIRLS&WPMF日本王座の二冠王を達成した。2014年12月のJ-GIRLSバンタム級タイトルマッチでは、挑戦者・小田巻洋子を相手に大差の判定勝ちで初防衛に成功。その洗練されたビジュアルから“美しき女王”と呼ばれる。

 挑戦者の松川はパンチ主体のファイトスタイルで、昨年6月に開催された次期王者挑戦者決定トーナメントを制して挑戦権を手にした。両者はこれまで2度対戦しており、いずれも陣内が判定勝ち。そのことから陣内有利は動かないが、松川の3度目の正直なるか。

 J-GIRLSピン級暫定王者・松下えみ(T-KIX GYM)は、同級3位COMACHI(MSJ)と同タイトルの正規王座を懸けての対戦が決定。

 松下は本物の花で作るアクセサリーを販売する会社の代表兼デザイナーという肩書きを持つ“戦う女社長”。昨年5月にTRIBELATEピン級王座、12月に初代Bigbang女子ピン級王座を獲得。続いてJ-GIRLSピン級次期王者挑戦者決定トーナメントを勝ち上がり、三冠王を狙って当時の王者・キラッ☆Chihiroとタイトルマッチを行う予定だったが、Chihiroが諸事情により王座を返上。松下が暫定王者として認定された。

 対するCOMACHIは6歳から格闘技を始め、空手とキックを合わせアマチュア100戦以上という戦績を誇り、2013年5月にプロデビューした18歳。ハイキックを得意とすることから“ハイキック小町”と呼ばれ、今年1月にWPMF日本女子ピン級王者、3月にはKOS女子ピン級王者と二冠に輝いており、三冠王を狙う。

 両者は2013年10月と2015年4月に対戦しており、結果は1勝1敗とイーブン。3度目の決着戦を制し、三冠王となるのはどっちだ。

最終更新:9/29(木) 15:06

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。