ここから本文です

紀香 梨園の妻デビュー!豪華披露宴でもつつましく衣装は和装のみ

デイリースポーツ 9/29(木) 6:00配信

 歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と、女優の藤原紀香(45)夫妻が28日、都内で結婚披露宴を行った。紀香のお色直しは1回で、衣装は和装のみと、まさしく梨園への「披露の宴」で、妻としての姿勢を貫いた。

【写真】引き出物は紀香らしい水素発生器!定価8万円

 披露宴には歌舞伎界の関係者や芸能人など約600人が出席。3月の入籍後も、愛之助が出演する公演などに随行してこなかった紀香にとっては、この日が実質的な梨園の妻デビュー。ただ、世間一般では女性が披露宴の“主役”となりがちだが、紀香はあくまで一歩引いた形となった。

 開宴前には愛之助が単独で取材対応し、披露宴の趣旨を「妻を役者の先輩方、後輩、ごひいきの方に紹介するというのが主です」と説明。紀香は23日に京都市内で行った挙式で着用した、白無垢の作者である友禅作家・秋山章氏による手描き友禅2着を着用したのみだった。

 演出面も愛之助の立場を重んじた。「六代目片岡愛之助」にちなみ、ウエディングケーキは6段重ね。引き出物も、歌舞伎の定式幕がデザインされた水素発生器など5種類が用意された。

 愛之助は、23日に京都で行った挙式の際に交換した結婚指輪に「吾が君を想う 来世迄も」とプロポーズの言葉を刻んだと告白。感想を問われた紀香は「うれしいです」と控えめに言葉を発した。

 披露宴では、友人の歌手・大黒摩季(46)が「これだけ証人がいるんだから、別れちゃダメよ」と紀香に添い遂げるよう呼びかけ、この日のために書き下ろした未発表曲「スポットライト」を熱唱。紀香は涙を流して聴き入った。

 宴の最後には、新郎新婦を代表して愛之助が出席者にあいさつ。司会の徳光和夫氏から、「紀香さんも一言どうですか」と促され、新婦は「今日は片岡紀香なので…。今後は夫を支えていきたいと思います」と愛之助に寄り添っていた。

最終更新:9/29(木) 7:20

デイリースポーツ