ここから本文です

クリーンエコロジーが差し切り重賞2勝目/道営スプリント・門別

netkeiba.com 9/29(木) 21:03配信

 29日、門別競馬場で行われた第11回道営スプリント(3歳上・ダ1200m・1着賞金300万円)は、中団でレースを進めた服部茂史騎手騎乗の3番人気クリーンエコロジー(牡8、北海道・田中淳司厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、2着の8番人気コールサインゼロ(牡4、北海道・桑原義光厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分13秒5(重)。

 さらに1/2馬身差の3着に6番人気オグリタイム(牡6、北海道・米川昇厩舎)が入った。なお、1番人気ケイアイユニコーン(牡7、北海道・安田武広厩舎)は7着、2番人気シセイカイカ(牡7、北海道・米川昇厩舎)は9着に終わった。

 勝ったクリーンエコロジーは、父キングカメハメハ、母スパークルジュエル、その父Unbridled's Songという血統。重賞はこれで2勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆クリーンエコロジー(牡8)
騎手:服部茂史
厩舎:北海道・田中淳司
父:キングカメハメハ
母:スパークルジュエル
母父:Unbridled's Song
馬主:飯田正剛
生産者:千代田牧場
通算成績:48戦8勝(JRA32戦5勝・重賞2勝)

最終更新:9/29(木) 21:03

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ