ここから本文です

【インドネシア】パナ、業務用ACのシェアを18年に2割へ

NNA 9/29(木) 8:30配信

 パナソニックは2018年までにインドネシアでの業務用エアコンのシェアを20%に引き上げる方針だ。現地販売会社パナソニック・ゴーベル・インドネシア(PGI)は、今年3月に業務用エアコン販売の部署を立ち上げ、大型エアコンなどのラインナップや体制の充実に注力している。
 PGIは住宅用エアコンの販売では23%でシェアトップ。15年4月~16年8月の売上高も前年同期比19%増加した。
 一方で業務用エアコンのシェアは10%に満たず、シェア拡大に力を入れている。同期の売上高は22%増。東南アジア域内でも商業向けエアコンの販売を強化しており、タイでも2割、ベトナムでは7割増加した。
 現時点ではエアコンを含め、BtoB(企業間取引)向けのラインナップを強化している段階だ。PGIの売上高に占めるエアコンの販売比率は4割で、商業向けはそのうち1割。業務用エアコンではダイキン工業などに後れを取っているが、省エネ性能などエアコン単体の機能のほか、商品網を生かした総合販売を売りにする。
 PGIの菅広美社長は「エアコン、換気扇、LED照明のほか、マンションであればスイッチや、インターホン、さらにソーラーパネル、ストレージ・バッテリー(蓄電池)、通信技術、WiFi(ワイファイ)などすべての電化製品に対して、販売やメンテナンスができる。ワンストップで対応できる強みがある」と説明した。
 3月に立ち上げた商業用エアコン部門の森栄治アドバイザーは、パナソニック創業100周年となる18年までに商品販売以外で、提案型の総合販売としての売り上げを立てる目標だと話した。部門体制の整備も進めており、年内に30人、18年に50人に増やす計画だ。
 
 ■商業向け見本市に出展
 
 PGIは中央ジャカルタ・クマヨランの見本市会場「ジャカルタ・インターナショナル・エキスポ(JIエキスポ)」で、30日まで開催されているBtoB向け展示会「冷凍&HVACインドネシア2016」に出展している。
 従来品に比べ、省スペースで設置できる業務用室外機や、床置きで馬力の高いエアコンなど、現地の需要に応えた新商品を展示している。電気に代わり、ガスや工場などの排熱を利用する設備など、インドネシアで初めて展示するものも日本から持ち込んでいる。森アドバイザーによると、今後はガス会社と協力するなど、販売の機会を広げる方針という。
 菅社長は「インドネシアで初めて展示するものもあり、パナソニックのラインナップをすべて見せられる機会なので、将来のビジネスにつながれば」と展示への姿勢を語った。12月にもイベントを予定している。

最終更新:9/29(木) 8:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。