ここから本文です

未来のエネルギー「水素」を楽しむ2日間、多摩六都科学館10/29・30

リセマム 9/29(木) 14:15配信

 東京都と多摩六都科学館は、水素を未来のエネルギーとして楽しみながら学ぶイベントを10月29日と30日に開催する。水素を作ってミニカーを走らせたり、燃料電池自動車を試乗したりできる。サイエンスカフェは一部事前申込み制。

関連画像を見る

 水素イベント「つくる、うごかす、あそぶ ~水素は未来のエネルギー!~」は、西東京市にある多摩六都科学館で開催する。当日は、水素で動く燃料電池自動車の試乗会や燃料電池スクーターの展示のほか、エアロバイクをこいで水素を作りミニカーを走らせたり、手芸用のボンテンを使ってかわいい分子模型を作ったりして水素の働きを体感する。

 燃料電池実験教室では、ライトの実験などを通して地球温暖化を防ぐためにできること考え、サイエンスカフェでは、宇宙で最初にできた元素である水素について、講師とともに考える。29日は生命編、30日は物質編を開催。

 入場には科学館入館料が必要となるが、イベントへの参加は無料。サイエンスカフェの各日午前の回のみ事前申込み制、そのほかのイベントは先着順の受付となる。

◆水素イベント「つくる、うごかす、あそぶ ~水素は未来のエネルギー!~」
日時:平成28年10月29日(土)、30日(日)9:30~17:00(入館は16:00まで)
場所:多摩六都科学館(西東京市芝久保町5-10-64)
参加費:多摩六都科学館の入館料(大人500円、小人200円)のみ

◆サイエンスカフェ「水素を深読み!」
【生物編「身体の中の水素」】
日時:平成28年10月29日(土)
(1)10:30~12:00(事前申込み制)(2)14:00~15:30(先着順)
【物質編「物質の中の水素」】
日時:平成28年10月30日(土)
(1)10:30~12:00(事前申込み制)(2)14:00~15:30(先着順)
申込方法:(1)の回は10月11日(火)までにハガキ、館内申込書、Webサイトのいずれかで申し込む。(2)の回は当日エントランスホールで参加券を先着順に配布。
場所:レクチャールーム
対象:小学生~大人 ※対象者以外の参加・同伴不可
定員:各回20名

《リセマム 勝田綾》

最終更新:9/29(木) 14:15

リセマム