ここから本文です

JAL、777新仕様機がグッドデザイン賞

Aviation Wire 9/29(木) 22:39配信

 日本航空(JAL/JL、9201)は9月29日、今年6月に導入したボーイング777-200ER型機の国際線新仕様機「スカイスイート777」が、2016年度のグッドデザイン賞を受賞したと発表した。

 新仕様機は、東南アジアやハワイなど中距離路線に投入している機材。6月18日から羽田-バンコク線、8月4日から羽田-シンガポール線に就航し、10月24日からは羽田-香港線、年明けからはホノルル路線にも投入する。

 座席数は3クラス236席で、ビジネスクラスは新シート「スカイスイートIII」が横4席1-2-1配列で42席、プレミアムエコノミー「スカイプレミアム」が横8席2-4-2配列で40席、エコノミー「スカイワイダー」が横9席3-4-2配列で154席。現行の3クラス仕様機の245席と比べると総座席数は9席少なく、ビジネスを14席減らし、エコノミーを5席増やした。

 ビジネスクラスは新設計したフルフラットシートを斜めに配置し、足もとが立体交差するヘリンボーン配列を、JALでは初採用した。全席から通路へアクセスできるとともに、リゾート路線にも投入することから、可動式ディバイダーなど、隣席の同行者と会話が出来る構造を採り入れた。

 グッドデザイン賞受賞の評価ポイントとして、ビジネスクラスの立体交差構造など、個人のスペースを最大限確保できる空間の使い方が評価されたという。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/29(木) 22:39

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。