ここから本文です

<宇多田ヒカル>「Fantome」 本格的な活動再開を告げる8年半ぶりアルバム

まんたんウェブ 9/29(木) 17:06配信

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカルさんが、前作「HEART STATION」以来、8年半ぶりとなるニューアルバム「Fantome(oの上にサーカムフレックスが付く)」(ユニバーサルミュージック)を28日に発売した。

【写真特集】宇多田、活動再開後、続々テレビ出演

 2010年にアーティスト活動を一旦休止し、今年の春に6年ぶりに活動を再開した宇多田さんの通算6枚目のオリジナルアルバムで、タイトル「Fantome(ファントーム)」はフランス語で「幻」「気配」といった意味。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」、日本テレビ系ニュース番組「NEWS ZERO」のテーマ曲「真夏の通り雨」、「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q」のテーマソングで12年にDVDシングルでリリースされた「桜流し」の3曲が既発表曲として収録されている。

 新規書き下ろし曲は全8曲。「俺の彼女」「ともだち with 小袋成彬」では男女間の微妙な関係と赤裸々な心情を歌い、同期(98年)デビューのレーベルメート・椎名林檎さんがボーカルで参加した「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」では、日常から非日常へ逃避行する束の間の快感と背徳感が絶妙なバランスで表現されている。そして、本人出演の「サントリー天然水」新CMソング「道」をはじめ、随所に見られるのが、13年に亡くなった母・藤圭子さんへの惜別の思いやいとしさ、葛藤……という感情。だが、結婚・出産を経て自らも母となったその歌声はどこまでも穏やかで、心の陰影をそっとなぞるような優しさとしなやかさをにじませる。

 アルバム「Fantome」は全11曲入り、3000円(税抜き)。(水白京/フリーライター)

最終更新:10/2(日) 16:44

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]