ここから本文です

出生証明書を売買? 正規の医療機関が出した本物は1枚150万円?

ZUU online 9/29(木) 10:10配信

中国では出生証の売買が日常的に行われている。「上官正義」と名乗るネットユーザーが9月14日、微信(SNS)上に、国家衛生計画生育委員会あての告発を行った。そこには630枚の“嬰児出生医学証明”の名簿が添付されていた。

嬰児出生医学証明とは出生証の正式名称である。出生登記と取得国籍、戸籍、公民身分証ナンバーなどが記された“法律医学文書”である。「上官正義」によると、この重要な書類がネット上で大々的に売買されている。ニセ卒業証明書どころの話ではない。まったくなんという国だと暗然とせざるを得ない。

■医療機関に巣食う「内鬼」

どうして重要な書類が流出してしまうのか。事情通の話によると原因は、公安戸籍部門の管理が“粗忽”なこと。衛生部門では「内鬼」が“猖獗”していること。の2つである。これでは役所とは、悪の巣窟の別名と言うしかない。

さらに重要なのは、これが子供の誘拐阻止、誘拐犯からの奪回という大切な防犯目標を阻害していることだ。誘拐された子供のアイデンティティーロンダリングが完成してしまい、警察や家族による捜索や救出がひどく困難となる。出生証を買う連中とは、一体どのような背景の持ち主なのだろうか。

■買方、それぞれの事情

今年60歳になる陳某は福建省沿岸の島の住人、裕福ではなく40歳になってやっと結婚した、石切り場で働く労働者である。

陳夫妻は子供に恵まれず、子供を育てた経験はない。老化防止のためにも養子が欲しいと思い、2001年に友人から1人の男の子を紹介された。

ところが、この子の出自来歴は全く不明であった。養子とするに当たり、最も陳家を悩ませたのは戸籍問題だった。2010年になり陳は友人に700元を払い身分証ナンバー付き出生証を買った。それには貴州黔東南婦産医院の実印が押されていた。これで法律問題はクリアーされ、子供は正式に陳の養子となった。

また陳家から130キロ離れた街に住む林家では、2013年、5000元を支払って出生証を買った。林夫妻はすでに四川省出身の女児を養っていた。

これは女児の両親と合意の上、正式に養女として迎えたもので、陳家とは違い養子縁組として何の法律的問題はない。それなのにわざわざ湖南省汝城県集龍郷病院の身分証ナンバー付き出生証を購入した。なぜだろうか。その理由は戸籍上、養子ではなく実子にしたいためだった。このように出生証の需要は大変旺盛なのである。

■仲介業者と病院の実情

記者は1人の仲介業者を取材している。1984年生まれの趙で、5年間この仕事に携わっている。仕入先として縄張り地域の病院をしっかり押さえている。販売先は全国だ。地方の有力大病院の医師たちが、副収入を求めてうごめいている。

しかし漏れると大事になるため仕入れには神経を使う。しかしトータルの手続きなら、今なら10万元(約150万円)でも買う客がいて、互いにリスクを冒す価値は十分ある。

先ほどの湖南省汝城県集龍郷病院院長は、現在、県党委員会と県公安局の合同捜査を受けている。これまでに12件の出生証の紛失が明らかとなった。まず41歳の県衛生局職員を販売の疑いで拘束した。

しかし地方は小さな独立王国であり、何人かの首を差し出して幕引き、となる可能性は高い。根底に地位とは利用すべき“商圏”と考える中国の伝統思想がある。中国はとても一朝一夕に変るところではない。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

最終更新:9/29(木) 10:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。