ここから本文です

【予告編】吉沢悠×新鋭・増田璃子主演、美容師と盲目の少女の小さな恋…『ちょき』

cinemacafe.net 9/29(木) 13:45配信

和歌山の美しい風景の中、美容師の男と盲目の少女が10年という時を超えて寄り添い合う物語『ちょき』。このほど、本作の予告編と主題歌がシネマカフェにて解禁となった。

【写真】『ちょき』場面写真

自然豊かな和歌山市の商店街にある美容室“HATANO”。レコードとコーヒーが好きな波多野直人は美容師を、妻・京子は美容室の二階で書道教室をしていた。7歳の瀬戸サキは、その書道教室に通っていた問題児だが、子どもがいなかった京子はサキを自分の娘のように可愛がっていた。時は経ち、1本の電話が“HATANO”にかかってくる。それは10年前のある事件以来、会っていなかった、成長したサキだった。彼女は視力を、完全に失っていた。直人も最愛の妻・京子を5年前に亡くしていた。空白の10年間に何があったのか。サキの想いを知り、直人はある大きな決意をする…。

『アイアムアヒーロー』をはじめ、高梨凜×斎藤工『種まく旅人~夢のつぎ木~』などへの出演、新鋭・坂下雄一郎監督による『エキストランド』への主演も決まっている吉沢悠と、新星女優・増田璃子が主演を務める本作。監督は、柳楽優弥出演『ゆるせない、逢いたい』で注目を集めた金井純一。主題歌・音楽は、金井監督から熱烈オファーを受けた人気ミュージシャンおおはた雄一が担当する。

「ちょきさん?」という電話の少女の呼びかけから始まる予告編。盲目の少女サキと”ちょきさん”こと美容師の直人。幼いサキを自分の子どものように可愛がっていた直人と妻・京子だったが、離ればなれの10年の間に妻は亡くなり、サキは視力を失っていた。再会した2人が心を通わせていくシーンが、優しくも独特のトーンの映像で紡がれていく。

無邪気に笑う一方でサキと直人、それぞれが抱えている葛藤の一片も伺える。そんな切ない世界観を象徴するのが、おおはたさんが本作のために書き下ろした主題歌「風の声を聴いた日に」。決して一筋縄ではいかない2人の行く末を、ギターの音色が優しく包み込む。


本作の音楽を全編ギターにしたいと考えていた金井監督が、おおはたさんのライブに行き、その場で音楽、主題歌をお願いしたという。そんな2人から、本作についてコメントも到着している。

■金井純一監督
盲目の少女と美容師が主人公なので、人の手を感じるギターを全編で流したいと思いました。おおはたさんが、映画にそっと寄り添いながらもおおはた節全開で、1本のギターなのに様々な彩りを映画にあえてくれました。主題歌もとても素晴らしく、エンドロールにもサキと直人が映っているような曲で、最後までじっくり聴いて欲しいです。

■おおはた雄一 劇中音楽・主題歌担当
映像を観ているうちに、すっかり『ちょき』の世界に引き込まれていって、夢中で音楽をつけました。ギターならではのシンプルさと親密さを楽しんで頂けたら嬉しいです。あらためて、ここまで劇中の音楽を大切に考えてくださった金井監督に感謝です。主題歌を誰の目線で書くか、悩んだのも贅沢な時間でした。ぜひ観てください!

『ちょき』は12月3日(土)より渋谷HUMAXシネマにて期間限定レイトショー公開。

最終更新:9/29(木) 13:45

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]