ここから本文です

【パンクラス】地上波生中継の実況は世界の松下

イーファイト 9/29(木) 21:31配信

 10月2日(日)東京・ディファ有明で開催される『PANCRASE 281』より、TOKYO MXにて地上波ゴールデンタイム生中継(19:00~20:30)がスタートするパンクラス。その記者会見が9月29日(木)都内にて行われ、実況を“世界の松下”こと松下賢次アナウンサーが務めることが発表された。

【フォト】オープンフィンガーグローブを着用してノリノリの松下アナ

 酒井正和パンクラス代表が、「私が大好きな松下さんにぜひやっていただきたいと思った」とラブコールを送ったところ、快く了承してくれたという松下アナ。野球、ラグビー、サッカー、陸上競技などのスポーツ実況を中心に活躍し、人気音楽番組だった『ザ・ベストテン』の司会を務めるなどしたが、TBSに入社して最初に担当したのがキックボクシングの実況だった。

“真空飛びヒザ蹴り”の沢村忠で一世を風靡したキックボクシング中継は、当時毎週月曜日の19:00からゴールデンタイムで放映されており、奇しくも同じ時間帯で放映されるパンクラスで松下アナが格闘技実況中継に帰って来たことになる。

 ボクシング、相撲はもとよりTBSで放映されていた『Dynamite!!』を始めとする格闘技中継をずっと見ていたという松下アナは「やっと格闘技中継が出来ます」と感慨深そうに語り、「お子さんが憧れるようなスポーツになっていただければと思います。格闘技というよりもスポーツファイティングとしてお茶の間にお伝えしたい。今までの日本における格闘技の中継は果し合いや遺恨マッチという絵図を描いて話題にしていたように見えます。そうではなく、スポーツとしてお茶の間に届けたい」と意気込んだ。

 酒井代表は「生中継なので試合が放送時間に収まらない可能性もある。瀬戸際の実況を楽しみにしています」と、放送時間内に収まるか収まらないかの場面で松下アナがどう対応するのかが楽しみとプレッシャーをかけていた。

 また、第1回放送のゲスト解説はパンクラスで活躍する大学生格闘家・瀧澤謙太が務める。「楽しく、分かりやすい解説を心がけます」と意気込みを語った。

最終更新:9/29(木) 21:31

イーファイト

なぜ今? 首相主導の働き方改革