ここから本文です

<GANTZ:O>「おそ松さん」と衝撃のコラボ 西丈一郎が道頓堀で「シェー!」

まんたんウェブ 9/29(木) 18:00配信

 人気SFマンガ「GANTZ(ガンツ)」をフル3DCG劇場版アニメ化した「GANTZ:O(ガンツ:オー)」(10月14日公開)が人気アニメ「おそ松さん」とコラボすることが29日、明らかになった。「GANTZ:O」に登場する冷徹でクールなキャラクター・西丈一郎が舞台である大阪・道頓堀のネオンをバックに「おそ松さん」の六つ子に扮(ふん)して「シェー!」をしているイラストが、10月8日発売のCG・映像専門誌「CGWORLD」vol.219(ボーンデジタル)の表紙に掲載される。

【写真特集】「おそ松さん」舞台版も話題 イケメンな六つ子のビジュアルも

 コラボイラストでは、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松のそれぞれのテーマカラーのコスチュームを着た西が、“アホ毛”を生やし、原作のクールなキャラからはかけ離れたコミカルな表情を浮かべて「シェー!」のポーズをしている姿が描かれている。今回のコラボは、「GANTZ:O」の3DCGを制作した「デジタル・フロンティア」内の「おそ松さん」ファンのスタッフが作成したラフスケッチが関係者の目にとまったことから実現したという。

 「GANTZ」は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2000~13年に連載された奥浩哉さんのSFマンガ。命を落としたはずの高校生・玄野計が、謎の黒い球体GANTZに呼び出され、同じように“死んだはず”の人々とともに、異形の“星人”たちとの戦いを強いられる……というストーリー。「GANTZ:O」は、原作マンガの人気エピソード「大阪編」をフル3DCGでアニメ化。小野大輔さんやM・A・Oさん、早見沙織さんらが声優として出演する。10月14日公開。

最終更新:9/29(木) 18:00

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]