ここから本文です

自転車シェアリング、新宿区でも開始 江東区・中央区・千代田区・港区と合わせ5区の拠点で“借りて返せる”

ねとらぼ 9/29(木) 7:10配信

 東京都新宿区が、10月1日から自転車シェアリング事業を開始することを発表しました。原則として24時間、「サイクルポート」と呼ばれる拠点であれば、どこでも自転車の貸し出しと返却を利用できます。

【新宿区のサイクルポートマップ】

 NTTドコモ系列企業を運営主体に、2月1日より江東区・中央区・千代田区・港区で広域実験が行われている事業。新宿区が加わったことにより、隣接する5区にまたがって利用できるようになりました。新宿区ではレンタル用の電動アシスト付き自転車を約300台導入。2017年3月31日までに、サイクルポートを20以上設置するとしています。

 利用登録は公式サイトで10月1日9時から開始。1回会員の場合は基本料無料で、レンタル後30分間150円の料金が発生します。月額会員の場合は1カ月2000円の基本料がかかる代わりに、レンタル後30分間は無料で利用可能。いずれも1回の利用が30分を超えた場合は、30分につき100円の延長料金が発生します。また、1500円で購入当日の23時59分まで連続利用できる、1日パスも用意されています(すべて税別)。

最終更新:9/29(木) 7:10

ねとらぼ