ここから本文です

Lyu:Lyu改めCIVILIANがドラマ『黒い十人の女』主題歌でメジャーデビュー

エキサイトミュージック 9/29(木) 10:45配信

2016年7月にバンド名を変え、ライブ活動・作品のリリースと精力的な活動を改めてスタートさせていたCIVILIANがメジャーデビューすることが発表された。メジャーデビュー第一弾作品として、11月23日にシングル『愛/憎』(読み方:アイトゾウ)をソニー・ミュージックレコーズよりリリースする。

「愛/憎」は9月29日(木)23:59から放送開始となる日本テレビ系 新・木曜ドラマ『黒い十人の女』主題歌となっており、ドラマのために書き下ろされた。

≪コヤマヒデカズ(Vo,Gt) コメント≫
日頃から僕等を応援して下さっている皆様へ、そしてこの記事で初めて僕等を知る皆様へ、ご報告がございます。
この度CIVILIANは、新曲「愛/憎」のリリースをもって、ソニー・ミュージックレコーズよりメジャー・デビュー致します。

まず何よりも先に、僕等がLyu:Lyuであった頃、そしてそのさらに前から今までずっと応援して下さっていたファンの皆様、CIVILIANで初めて僕等を気に入って下さった皆様、良い時も悪い時も変わらず気にかけてくれた周囲の心ある友人達、僕等にここまで音楽を続けさせてくれた全ての方々に、とてもとても感謝しています。
僕等の歌や演奏を聴いてくれて、良いと思ってくれた皆様の力です。本当にありがとう。
もっともっと幼かった頃に「メジャー」という単語に抱いていた漠然とした憧れを、僕等はいま確かに一つ乗り越えてまたスタートラインに立つのだなという実感があります。
本日天気晴朗ナレドモ波高シ、前途に何があろうと気合いは十分、です。

SNSや動画サイトの台頭等によって、以前よりも遥かに、表現者自身が自分の手で作品や表現をすぐに発信できるようになりました。
その現代において、メジャーとインディー、この2つの境界はどんどん曖昧になり、音楽を表現する側の人間達にとって、一体何が最良の選択なのか、自分達にとって最も良い活動とは何なのか、今みんなが考えています。
そしてそれぞれが悩みながら自分だけの答えを出して、それを信じて活動しています。
バンドの表現とは別の場所で、「ナノウ」というネット上を漂う実体のない半透明な表現者を作り出していた僕自身もそうです。
その両方を見てきた自分だからこそ、メジャーというフィールドに移ることの良い部分もそうでない部分も分かっているつもりです。
CIVILIANはそれを全て承知の上で、それでもこのメジャーというフィールドが持つポジティヴな可能性を信じてみようと思います。
これからも冴え渡った良いものを作っていきますので、変わらず応援してくれたら嬉しいです。

10月5日に大阪、13日に渋谷で行われるワンマンも楽しみにしていて下さい。
CIVILIANというバンドとして、かつてLyu:Lyuだった三人として、コヤマヒデカズという一人の人間として、そしてナノウという架空の表現者として、それぞれが今まで別々に見てきたもの、やってきたこと、それら全てがこのワンマンで、纏まって合わさってひとつの大河へと繋がっていく姿を見せられると思っています。
ここまで来てくれるのなら、僕等はあなたのその気持ちに全力をもって応えます。
両日とも全員で素晴らしい日にしようぜ。

≪リリース情報≫
Major Debut Single
『愛/憎』
2016.11.23リリース

【初回盤】CD+DVD
SRCL-9240~41 / ¥1,800(税込)
【通常盤】CD
SRCL-9242 / ¥1,200(税込)

≪番組情報≫
BSフジ
『MUSIC:S「INCIDENT619 vol.10“Lyu:Lyu → CIVILIAN”」』
2016年10月1日(土)24:30~25:25
  

◆バイオグラフィー
コヤマヒデカズ(Vo,Gt)、純市(Ba)、有田清幸(Dr)によるスリーピース・ロックバンド。
「Lyu:Lyu」として活動を始め、絶望的ともみられる言葉の連続の中に微かな希望をリアルに描写する圧倒的な世界を描き支持を集める。
バンドとの活動とは別途、コヤマは「ナノウ」というボカロPとしても活動し、ニコニコ動画内で多数の殿堂入り楽曲を輩出している。
2016年に、その全ての活動を包括し、より自由に、より広い表現をする事を目指してバンド名を「CIVILIAN」に改名。

最終更新:9/30(金) 10:30

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]