ここから本文です

「外務省しっかりしろと言いたい」安住代表代行

エコノミックニュース 9/29(木) 8:11配信

 民進党の安住淳代表代行は28日の会見で、外務省のTPP協定の訳文の一部に重複や欠落、説明文にも不正確な表記があるなど、18か所でミスが見つかったことに触れ「私も外務大臣当時に口を酸っぱくして役所に言っていたのは、『90兆円近い予算書の1円に至るまでミスをしない』ということ。確認するのはとてつもなく大変な作業だが、主計局にしても主税局にしても相当何度も電卓をたたいて検算を重ねて国会に出すものだ」とし「聞くところによると18カ所くらい正誤があったというが、役所としてのノウハウというか、イロハのイの問題なので残念なことだし、外務省しっかりしろと言いたい」と苦言を呈した。

 岸田文雄外務大臣は27日の会見で「このようなことが生じてしまったことについては大変遺憾に思っており、再発防止について万全を期さなければならないと思っている。そして、国会に対しても丁寧に説明していかなければならないと考える」と語っていた。一方、対応では、正誤表を付けて対応したいとの考えを示した。

 安住代表代行は、予算委員会への対応について記者団に答え「新内閣発足後の最初の予算委員会であり、国民の皆さんにアベノミクスのさまざまな問題点やTPPの問題も今のプロセスの中で承認することが本当に国益になるのかどうか。われわれも新体制になったので『野党第1党』として、さまざまなことについて責任ある質疑をしっかりしていきたい」と語った。

 安住代表代行は「コメの問題も出ているのでTPP問題とあわせて、できれば、総括的質疑とは別に集中審議等もやって、充実した委員会を開いてほしいと私の方からも自民党にお願いしている」とした。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:9/29(木) 8:11

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。