ここから本文です

「DAI語」がパスワードに有効? マカフィーが有用性を指摘

ねとらぼ 9/29(木) 13:10配信

 DAIGOさんが北川景子さんに贈ったプロポーズの言葉、「KSK(結婚してください)」。この“DAI語”のような略語を利用した“胸キュンパスワード”の有用性を、セキュリティ企業のマカフィーが提示しました。例えば「KSK?4649!(結婚してください? よろしく!)」みたいな?

【胸キュンパスワードランキング】

 同社は以前から「8文字以上、かつ英語の大文字と小文字、数字、記号の組み合わせ」によるパスワードを推奨。これにのっとり、簡単な文章の略語を軸にパスワードを作ることで、複雑で強力かつ覚えやすいパスワードができるとしています。つまり「DAI語+関連する英数字」で設定すればいいということに。

 それをふまえて全国の20~30代独身女性600人を対象に、パスワードに関する意識調査を実施。「好きな男性に言われたら『胸キュン』してしまうワード」として、パスワードの軸となりうる略語の好みを聞いたところ、「KSK」「NKK(なんか声が聞きたくなった)」「IOS(今俺、幸せ)」「ITSA(いつもたくさんの幸せをありがとう)」がランキング上位を占めました。

 パスワードの決め方・作り方に関する質問では、全体の31.3%が「好きな人に関することをパスワードにしたことがある」と回答しました。うち55.9%が「好きな人の誕生日をパスワードに使用したことがある」とのデータも。設定時の気持ちとしては「自分では記憶に残るけど、他者からはそんなに分析されなさそうなパスワードを作り出せる」「大切なものを一緒に守っている感じ」といった回答が見られ、恋心がセキュリティの手法に反映されているようです。とてもほほえましい。

 調査結果からは、好きな人や事柄、関連する数字などを組み合わせると、パスワードが作りやすいことが読み取れます。ただしこの手法、「KSK+恋人の生年月日」など多数派の様式で実行すると、かえって推測されやすい気が。強固なパスワードを作成するうえでは、元となる言葉に独自性が必要でしょう。

最終更新:9/29(木) 13:10

ねとらぼ