ここから本文です

【パリモーターショー16】フェラーリ GTC 4 ルッソ に「T」…V8と後輪駆動で軽量化

レスポンス 9/29(木) 10:45配信

イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリが9月29日(日本時間9月29日夕方)、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開する『GTC 4ルッソT』。従来のV12+4WDに、V8+FRという新たな選択肢が加わった。

画像:フェラーリ GTC 4 ルッソ T

同車は、フェラーリ『FF』の大幅改良モデル、『GTC 4ルッソ』に追加された新グレード。V型12気筒ガソリンエンジンを積むGTC 4ルッソに対して、GTC 4ルッソTはダウンサイズのV型8気筒ガソリンエンジンを搭載するのが特徴。

V8パワートレインは、フェラーリ『カリフォルニアT』用をベースにしたユニット。3.9リットル(3855cc)V型8気筒ツインターボは専用チューンを受けており、最大出力610ps/7500rpm、最大トルク77.5kgm/3000-5250rpmを発生する。

駆動方式は、GTC 4ルッソの4WDに対して、GTC 4ルッソTでは、FR(後輪駆動)になる点も、大きな特徴。フェラーリによると、このパワートレインと後輪駆動の組み合わせが、大幅な軽量化にも貢献しているという。

また、4WS(リアホイールステアリング)の採用によって、俊敏性とレスポンスに優れた走行性能を追求。SCM-Eサスペンション、ESP 9.0、および第3世代サイドスリップコントロール(SSC3)という最新鋭の電子制御システムとともに、リアホイールステアリングシステムも統合されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/29(木) 10:45

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。