ここから本文です

【ドイツ】独高級車3社、IT大手と連合 5Gベースのコネクテッドカー開発

NNA 9/29(木) 9:00配信

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の高級車部門アウディ、独高級車大手BMW、独ダイムラーの高級車部門メルセデス・ベンツの3社は27日、世界の半導体および通信機器大手5社と共同で第5世代(5G)移動通信技術を利用したコネクテッドカーの開発に取り組むと発表した。独高級車大手3社が手を組むことにより、自動車産業への参入を狙う米グーグルなどのハイテク企業に対抗する狙い。
 3社は、通信機器大手のエリクソン(スウェーデン)、華為技術(中国)、ノキア(フィンランド)、半導体世界最大手の米インテル、携帯電話用チップで世界最大手の米クアルコムの5社と、企業連合「5Gオートモーティブ・アソシエーション」を結成。コネクテッドカーに必要な通信技術の開発や実証試験、規格統一、商業化に取り組み、最終的に自動運転の実現やスマートシティへの統合も目指す。他の企業にも参加を呼び掛けており、既に通信会社数社が関心を示しているという。
 アウディとBMW、ダイムラーがコネクテッドカーの分野で手を組むのは今回が初めてではない。昨年8月には3社が共同でノキアから地図・位置情報サービス「ヒア(HERE)」を28億ユーロで取得することで合意。昨年12月に取引を完了しており、今週には3社の車両から収集したリアルタイム・データを利用した交通情報サービスを開始する。同サービスは来年前半には他社顧客にも提供する予定だ。[M&A]

最終更新:9/29(木) 9:00

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。