ここから本文です

ジョディ・フォスター、スタンリー・キューブリック・ブリタニア賞受賞へ

cinemacafe.net 9/29(木) 17:45配信

ジョディ・フォスターが映画業界での功績を称えられスタンリー・キューブリック・ブリタニア賞を受賞することになった。

【写真】ジョディ・フォスター/フォトギャラリー

10月28日(現地時間)にビバリーヒルズのザ・ビバリー・ヒルトン・ホテルで行われる授賞式で、ジョディは50年間に渡って映画業界で成功を収め、「先駆者としてのキャリア」を築いた人物として表彰される。

同賞を受賞する今年は、ジョディが娼婦役を演じた1976年作『タクシードライバー』と、エンターテイナーのタルーラ役で出演したコメディ・ミュージカル映画『ダウンタウン物語』の公開40周年にあたる。

英国アカデミー賞(BAFTA)ロサンゼルスの会長を務めるキーラン・ブリーン氏は26日、ジョディの受賞について「ブリタニア賞でジョディの輝かしい先駆者としてのキャリアを称えることになります」と声明文を発表した。

受賞理由はその演技力だけでなく、ジョディが数々の映画で監督しての才能も発揮してきたことにもあるようだ。1991年作『リトルマン・テイト』で監督デビューを飾ったジョディについて、ブリーン氏は「2つの異なる仕事を国際的なキャリアとしてやっていくのには、とても希少で特別な才能が必要です。女優、監督を選択したジョディは映画業界において最も多才な人物の一人としてずっと評価を得ています」と続けている。

過去に同賞の受賞者にはクリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・クルーニー、トム・クルーズ、ロバート・ダウニー・Jr、メリル・ストリープらが名を連ねている。

(C) BANG Media International

最終更新:9/29(木) 17:45

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]