ここから本文です

インドで中低層建物向けエレベーターの新工場が稼働開始

MONOist 9/29(木) 7:55配信

 三菱電機は2016年9月13日、インドのMitsubishi Elevator India(IMEC)の新工場が同月15日に稼働したと発表した。現地生産を開始することで同国での製品競争力を強化し、2020年度には5000台の販売を目指すという。

【その他の画像】

 新工場は約34.5億円を投資し、インドのカルナタカ州ベンガルールに建設した。敷地面積は8万9000m2で、総建築面積は2万5400m2。中低層建物向けのエレベーター「NEXIEZ-LITE(ネクシーズ ライト)」を中心に生産し、年間の生産能力は5000台となる。

 他に、現地調達部品の検証・評価を行う試験塔や、工事・保守の人材を育成するフィールド研修センターも備え、製品やサービスの安全性・品質の向上に努めるという。

 インドは、中国に次ぐ世界第2位の昇降機市場で、2015年には年間約4万8000台の新設需要があった(同社調べ)。三菱電機は、1995年に同国で事業を展開して以来、2012年にIMECを設立、2014年にはNEXIEZ-LITEを発売するなど、事業拡大を進めている。

最終更新:9/29(木) 7:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。